初心者も距離を打ち分ける練習は大事です

ゴルフをしていると急に調子が悪くなる現象にたびたび遭遇します。これを早く立て直せるかどうかがとても重要です。多くの初心者は経験不足のため立て直すのはとても難しいでしょう。崩れる度合いはどうあれプロでも立て直せないことは多々あります。

初心者もプロも狂うのはインパクトです。上級者になるほどスイングが崩れてもインパクトだけは何とか崩れないようにアジャストすることができます。いわゆる「当て感」が優れているのです。球際に強いといい換えることもできます。野球のバッティングでいうと体勢やタイミングを崩されても何とかヒットにすることと似ています。

これは、フェースにある程度確実にボールを当てられるようになってから徐々に身についていく能力です。初心者の方はまだ備わっていない能力ですのでこれに頼らず解決を目指す必要があります。

それにはスイングづくりの際にミートを目的としてスピードを抑えたり振り幅を小さくするなどしたスイングを練習しておくとこのスイングに立ち返ることで事態を切り抜けられる可能性が高まりますし、スイングづくりにも役立つはずですので練習場で練習する際にこれを練習しておいてほしいと思います。結果的にアプローチの距離を打ち分けることと同じなのでそれと同じ要領でいろいろなクラブで距離を打ち分ける練習をしておくと、ラウンドで急にうまく打てなくなったときなどに少し距離を抑えた打ち方にすることで不調を切り抜けることができるかもしれません。

飛距離を欲張るのは乗り物のレースでカーブをスピードをつけて曲がるのと同じで難度が高く危険といえます。飛距離を出したい気持ちを抑えるのもスコアメイクには大事な要素です。

ということでいろいろなクラブでいろいろな飛距離を打つ練習を少しずつでもいいので継続することでゴルフの技術が高まりますから、地道に継続してみてください・。

◇関連ブログ◇
・飛距離重視か正確性重視か?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。