なぜプロゴルファーのヘッドスピードはあんなに速いのでしょうか?

教えてgooより質問を拝借してきました

Question

いつもお世話になっております。今回もよろしくお願いします。

あまりにも当たり前すぎて疑問も抱きませんでしたが、ふと思いついたら気になってしまいました。

なぜプロゴルファーのヘッドスピードはあんなに速いのでしょうか?筋力が強い?体が柔らかい?その他何かあればご教授ください。

ちなみにヘッドスピードは鍛えればプロのように速くなりますか?それとも生まれ持ってヘッドスピードが速い人がプロになるのですか?

よろしくお願いします。

Answer

現在のプロゴルファーは平均してアンダーパーで回れていないと食べていけません。特に女子プロの場合は30年前なら平均75でラウンドできればシードに入れるチャンスがありました。今ではパープレー平均でないとシードは難しくなっています。平均してアンダーパーで回れるためには全てのホールでパーオンできる飛距離がないと辛くなります。結果として飛ぶ人がプロで活躍できています。プロの中で飛ばない方の選手でも最低限の飛距離は持っているわけです。ということである程度飛ばせる人がプロになっているということです。

つまり、プロだから飛ぶのではなく、ある程度飛ばせるからプロなのです。

と言ってしまったら身も蓋もありませんね。

プロゴルファーの筋力の平均値は以外と高くありません。成人一般男性の筋力の平均より少し高い程度です。もちろんトップクラスの飛距離を持つ選手は高い筋力も持ち合わせています。ただし、男子プロゴルファーと一般成人男性を比較した場合、脚の内転筋の力がプロゴルファーの方がはっきりと強い傾向があることが分かっています。この内転筋の強さが飛距離とショットの精度に関わっていることは明らかです。

またプロゴルファー達は自分の持っている力の90%以上を飛距離に変える技術を持っているとも言えます。これは身体を上手に使いボールが遠くに飛ぶようにクラブヘッドをボールにぶつけているのに対し、50パーセントほどの力を逃がし、クラブもボールが遠くまで飛ばないような当て方になってしまっているとしたら、平均的な成人男性が女子プロに飛距離で負けてしまうのも当然でしょう。この男性が高い技術を身に付ければ250ヤードは飛ばせるようになるでしょうからそうなれば大半の女子プロに飛距離で遅れを取ることはないでしょう。

速いヘッドスピードを出せる身体的条件としては筋肉の瞬発力が高いこと、身体をひねる柔軟性が高いこと、そして筋肉につながっている腱が長くて強いこと、筋力は左右差、上下差が少なくバランス良く強いことなどが主な条件です。この能力と技術の掛け算が飛距離になるというイメージです。掛け算になるとすれば、体力が無くても技術的な上達によりかなりの飛距離アップが出来るわけです。すると女性ならレディスティ、男性ならレギュラーティからほぼ全てのホールでパーオンできる飛距離を手に入れることが必ずできるはずです。

よってある程度までは訓練とスキルアップでヘッドスピードを大きく上げる事は可能です。諦めずに努力しましょう。これに正しいスイングが伴えば誰でも自分の精一杯の飛距離が出せるようになりますよ。