カチャカチャの基礎知識

 

 

1W、FW、UTはカチャカチャっとシャフトの向きを変える事で性能を変更することが出来るクラブが多くなっています。

 

カチャカチャとすると何が変わるのでしょうか?

「ドライバー カ...」の画像検索結果

構造的には、上の写真のようにシャフトの先端に黒いスリーブと呼ばれる筒が取り付けられていてスリーブとヘッドをT型のトルクレンチでねじ止めした状態でプレーに使用します。

 

このスリーブの軸線とシャフトの軸線が1°~2°ずれているのでヘッドに取り付ける時のスリーブの向きによってシャフトの位置が変わります。

 

ここでは2°ずれているとして話を進めます。

 

ヘッドのすわりを基準にしてその状態でグリップエンドが12時方向に位置を変えるとライ角が2°アップライトになり、そうすると若干左に飛びやすく上に上がりやすくなり、ニュートラルの位置が6時なので1番フラットな状態なので、ライ角をフラットにすることが出来ません。

 

3時と9時に変えると一番大きくロフトとフェース向きが変わりますのでクラブによってL~R、−2°~+2°と表示の仕方が異なっていますがL=−2、R=+2と理解して差し支えありません。

 

スライスを抑えたい場合はシャフトがシャフト挿入部に9時方向から挿さっている状態にします。

 

その上でセットアップ時にいつも通りにターゲットラインに対してシャフトをセットするとフェースが左を向いた状態になりますのでそのままセットアップを完成させて打ってください。

 

弾道を高くしたい場合は上記のセットアップからシャフト軸線を時計回りにフェースをターゲットラインに直角になるまで回転させて構えます。

 

こうするとロフトが2°増えた状態になります。

 

フックを抑えたい、弾道を低くしたい場合は上記の逆になります。

 

このように、カチャカチャとしてから無意識に構えてしまうと弾道を高くしたいのにフックになってしまったり、スライスを抑えたいのに高いスライスになってしまったりする可能性があります。

 

カチャカチャっとした後はクラブのセットの仕方を間違えないようにご注意ください。

 

GSIゴルフジムでは随時体験レッスンを行っています。

 

クラブに対する悩みなどもご相談を受け付けています。

 

⇒体験レッスンはこちら

あなたにとって飛ぶドライバーとは?

ドルフは飛距離じゃないとはいいますが、同じ方向性ならやはり飛距離が出た方が有利です。

 

ボールの飛距離の要素はボールの初速、打ち出し角とスピン量です。

 

飛ぶ球筋とは高くてボールが浮き上がりそうもない球筋で初速が速いことでなかな落ちてこないように見える打球です。

 

スライスが強いとインパクトでエネルギーをロスしてスピン量が多くなって距離が出ません。

 

この場合はフックしやすいドライバーが飛距離アップにつながります。

 

ボールが高くてアゲインストに弱い球筋ならスピンがかかりにくいものが飛距離アップにつながります。

 

球は低ければ上がりやすいもの、ドロップするならスピンがかかりやすいもの初速が足りなければ反発係数の高いものなど、球筋をクラブを変える事で補正出来るのならばしてしまった方が得です。

 

これをヘッドの特性で変えて、シャフトには振り易さを求めましょう。

 

シャフトには大まかに分けるとヘッド寄りがしなる先調子、手元寄りがしなる元調子その中間の中調子などがあり、先調子のものは球が上がりやすくスピンが多くなりやすくなり、元調子のものは球が低くなりやすくスピン量が少なくなりやすくなります。

 

そんな特性を含めてスピンがかかりやすいヘッドには手元調子のシャフトが相性がいいといわれますがあくまでもロボットのデータ上の話ですのでシャフトが自分に合わないと振りにくくて当たれば飛ぶクラブにはなりますがスコアアップの手伝いにはならないでしょう。

 

上手なクラブ選びの条件は、シャフトは振り易いことを最優先にして球筋を変えるためにヘッドを選ぶと打ちやすい飛ぶクラブに出会える確率が高くなると思います。

オープンフェイスのドライバーでの飛距離アップ

アドレス時にハンドファーストに構える人、あまりハンドファーストに構えない人などグリップのポジションには許容範囲があって良いものだと思います。

 

上記のグリップポジションは、クラブのフェイスアングルで変わってしまうことも覚えておきましょう。

 

例えば強いフックフェイスのドライバーを使用している場合、クラブフェイスをターゲットに真っ直ぐに向けるにはハンドファーストを強くする必要があり、反対にオープンフェースが強いドライバーを使用している場合にはグリップエンドがおへそを指す位中心に向かって構えてようやくクラブフェイスがターゲットに真っ直ぐに向く事もあると思います。

 

初心者の頃はスライスの軽減のためにフックフェイスのドライバーを使用する方も多いと思いますが、曲がりが少なくなってきたらストレートフェイスやオープンフェイスのドライバーにもぜひチャレンジしていただきたいと思います。

 

お客様で上級者の方がフックフェイスでシャロ―フェイスのドライバーを使用していたのですが、ややディープフェイスで0.5度位オープンフェイスのドライバーに変更してみたらいかがでしょうか?とアドバイスをしたところ、そのお客様のドライバーの飛距離はどんどん伸びて以前より20ヤード程伸びたという例も過去にはありました。

 

その方の場合は、フックフェイスのドライバーをひっかけないようにインパクトで開いてボールに当てていたために強く叩けないインパクトになっていたのであろうと推測します。

 

上記の例はスピンが多く入ってしまい飛距離をロスしていた方に有効でありますが、ゴルファーの方それぞれに適正なクラブフェイスのアングルやシャフトの挿入角度などは違うと思いますので、ゴルフショップでの計測やプロショップのクラフトマンの方に相談されて決めていただく事が1番であると思います。

 

飛距離アップとスピン量

119399

上表はGDOのS吉君のゴルフ研究の記事のデータです。

 

スマホだと見にくいかもしれません。

 

ボールの飛距離の3大要素はボールの初速、打ち出し角、スピン量で、スピン量とは1分間にボールが何回転するかという数値です。

 

ボールは打出し角が16°で毎分1600~1800回転が最も飛ぶと言われています。

 

この表を見ると同じ初速と打ち出し角であればスピン量の変化で10ヤードないしはそれ以上の飛距離差になるようです。

 

10ヤード余計に飛ばすにはヘッドスピードを2m上げる必要があります。

 

もちろん打ち方が重要ですが、ドライバーのスピン量が毎分3000回転くらいの人であればクラブを変えて弾道を変える事で10ヤードくらいの飛距離アップが可能になります。

 

また、クラブを軽くしたり、長くしたり、より高反発のヘッドを採用することでボール初速を上げるとさらに飛距離を伸ばすことが出来ます。

 

ということで、飛距離アップを望む場合はボールの初速を速くすることと、適正な弾道にするために何をどうすればいいかを工夫すればよいということです。

 

 

 

 

あなたのドライバー適正ロフトはどのくらい!?

38318f0868fc5f44531a3f1dc62eb1d2

上表はゴルフクラブ数値.COMさんで公開されているヘッドスピードとドライバーのリアルロフト別の数値の比較です。

 

キャリーの飛距離の比較ですので、ランを含めての飛距離ではありません。

 

ヘッドスピードが遅いほどロフト角が大きい方がキャリーが出ることが読み取れます。

 

特にヘッドスピード31m/s以下の場合はかなり大きいロフトのものを選んだ方がいいようですが、一番キャリーが出るロフトのものと、トータルの距離が出るものを2本体制でセッティングするのもいいでしょう。

 

試打の出来るゴルフショップで計測してもらったり、貸しクラブや仲間のドライバーを試打したりして、自分に合ったものを選択するようにしましょう。

 

なお、モデルによって適正なロフトは変動しますから数値ばかりに気を取られないようにして下さい。

 

 

短尺ドライバーもありですよ

現在のドライバーはほとんどのものが450㏄前後で45インチ以上の長さがあります。

 

振り方によっては長いクラブが打ちにくくなることもあります。

 

通常ドライバーにはアイアンのシャフト重量よりも軽いものを装着するのが普通になっています。

 

ドライバーのシャフトをアイアンと同じシャフト重量にしてから思い切って44インチ以下の長さにカットしてしまい、付属の重量調整用のおもりか、鉛を貼って振り易いバランスになるようにします。

 

シャフトの重さは変えなくてもOKです。

 

すると、短いことで振り易いのと、思い切った重量配分が出来ること、ヘッドが重くなることで反発係数も多少上がるなどのメリットがあります。

 

デメリットとしてはヘッドスピードが下がったら飛距離ダウンになりますがヘッドを上手に走らせられる人はあまり下がらないかもしれません。

 

大きなヘッドの周囲に鉛を貼ると、小さなフェアウェイウッドと比べて重心位置が大きく変わりますので、自分にあったヘッドに性格を変えることが出来ます。

 

ということで、デメリットは少なくメリットは多いので、クラブの本数に余裕があるドライバーが苦手の方ならドライバーを2本体制にするなどしても面白いと思います。

 

2本体制にする場合はロフトを1°くらい寝かせたものをチョイスするなどいろいろ工夫してみるのもいいと思います。

簡易型ヘッドスピード計は、広い練習場でのご使用をオススメします。

最近は簡易型のヘッドスピード計を使用して、ご自分のヘッドスピードや飛距離を計測する方が増えてきました。

 

この簡易型のヘッドスピード計はコンパクトで場所も取らずに大変便利ですが、計測出来ない項目もありますのでご注意されて欲しい部分があります。

 

飛距離を決める3要素はボール初速、打ち出し角、スピン量となりますが、簡易型のヘッドスピード計の多くは打出し角とスピン量が測れません。

 

私自身も屋外で実際にボールを打ちながら実験を繰り返しましたが、ドライバーのナイスショットよりもチーピンで目も当てられないような打球の方が計測器に表示される数字では飛んでいるケースが多いです。(インパクトロフトが少なくなりボール初速が速く出る為と考えられます)

 

屋外の広い練習場ではチーピンが飛んでいる事など無いとわかるのですが、インドアなどで数字だけを追いかけて打つと飛ばしのスイングがチーピンスイングの習得に繋がってしまう事もありえますので、インドアなどでの計測では打出し角、スピン量などが計測できるマシンを使用されると良いと思います。

カチャカチャ用のレンチをトルクスレンチというのをご存知ですか?

最近のカチャカチャの出来るクラブに使われているねじ穴が星型になっているねじの事をT型トルクスねじというのはご存知でしょうか?、これを回す工具はT型トルクスレンチといいます。

 

すいません、ほとんどムダ知識だと思います。

 

p176_01

 

トルクスねじは一般的な十字型のねじ穴のものよりも強く締めることが出来てしまうのでねじが折れやすいのが欠点になりますが、何回も緩めたり強く締めたりを繰り返す可能性のあるゴルフクラブのカチャカチャ用のねじとしてはとても適していると思われます。

 

なので、強く締めすぎるとカチャっと音がして空回りをさせて締めすぎを予防しています。

 

ほとんどのカチャカチャ用のT型トルクスねじはT-25というサイズで、私の知る限りではコブラとアキラが例外的にT-20を採用しています。

 

ヘッドに取り付けられているねじ式のおもりはT-20のものもありますのでご注意ください。

 

また、T-20のレンチでT-25のねじを回すこともできますが、ゆるいのでねじ穴をつぶしてしまうかもしれませんので注意しましょう。

 

という事で、アキラのレンチはトルクレンチになっていないので、コブラと他メーカーのレンチを1本ずつか、T-25とT-25のトルクスのトルクレンチをキャディバッグに忍ばせておくと役に立つことがあるかもしれません。

 

yjimageW0IJYIKL コブラ AKIRA  T-20

yjimageOTSMQCKWその他ほとんど T-25

point_img_8SRIXON ねじ穴が四角(スクエア)で例外

 

 

 

 

 

ゴルフ今昔

 

yjimageyjimage大昔

 

yjimageq6qgifx4パーシモンと大型ヘッド

 

 

yjimage18f2kp9d現在のマルチレイヤ―ソリッドコアボール

 

yjimage昔のパーシモンの終末期の糸巻きボールでこの頃までの飛距離でパーの設定がされています。

 

yjimagepyp28bbc昔のドロップ   yjimager69zl41v現在

 

こうした進化で一番スコアの短縮に貢献しているのはボールでしょうか?

 

飛距離においてはボールとクラブが同じくらい貢献しているかもしれません。

 

ドロップの仕方は現在の方が良いライになるように多少狙いやすくなりました。

 

なのでみなさん、良いスコアが出せるはずです。

 

 

 

シャフトが折れやすい時代になりました

ゴルフクラブのシャフトはショットをしても折れないように設計されています。

 

が、ボールを打つ以外の衝撃にも耐えうるようにまではなっていません。

img_9015dsc_0284yjimage9xprrsk3

 

 

you tubeより転載

 

これらは見たことがある方も多いと思います。

 

松山選手は自業自得かもしれませんが、イム・ウナ選手のケースでは折れたヘッド側のシャフトの折れ口が首に刺さった死亡事故が起きた前例もありますので、ゴルフに生活のかかっていないアマチュアゴルファーの皆さんはアンプレヤブルかチョン出しにしておきましょう。

 

ギャラリーも選手から大きく離しておいた方がよかったと思います。

 

また、最近の30g台のシャフトに代表される軽量シャフトはトルクを大きくすることで強度の弱さを補っている部分もありますので、地面にヘッドを下にしてシャフトを立ててグリップエンドを下に向かってグイグイ押したりすると、ねじれて力を逃がすことも出来ないので折れてしまうことがあります。

 

このようにシャフトを曲げる場合はゆっくりと押してゆっくりと戻すようにすれば折れる事を防止できます。

 

スチールシャフトではそれでも折れる事はありませんが、高弾性炭素繊維を使った高級カーボンシャフトや軽量カーボンシャフトでは特に取扱いに注意してください。

 

また高反発加工をしたドライバーなども割れやすくなっていますから、もしかしたらドライバーは使い捨てになる時代が来るかもしれません。

 

多分そうはならないでしょうが・・・・・。