スコアカードに『パット数』を記入する癖をつけましょう

ゴルフのゲームプランを立てる際は、何打でグリーンに乗せるか?、グリーンを狙った最初のショットを打った後に何打でホールアウトするかを目標にすると、自分の課題がより鮮明に浮き彫りになってくれます。

プロならパーオンを狙った後、2打以内でホールアウトしたいところです。

100切りを狙うならボギーオンを狙った後確実に3打以内でホールアウトできたらいいでしょう。

その目標に達しないときの問題点を原因を究明して解決していくことで目標が達成できます。

そのためにもスコアカードにパット数を記入する癖をつけておきましょう。例えばパー4のスコアを6、パット数を3と記入しておけばショットよりもパットに問題があることが、同じ6でも1パットならショットに問題があったことが一目でわかります。後でパッティングやショットの問題点を練習してスキルアップする作業をすれば必ず上達していけます。

自分の目標スコアに対してのグリーンを狙うまでのショット数、その後のショット数は必ず決めておきましょう。クリアできるようになったら上方修正をしてパーオン1パットが多くなるまで継続していって欲しいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。