夏場の飛ばし

季節毎に、ドライバーが最も効率よく飛ぶ弾道を考えてみたいと思います。

今時期は、芝生の成長が活発でフェアウェイやラフの芝をまめに刈っていないとすぐに伸びてきてしまいます。

ドライバーショットの着弾地点の芝が長いとその後のランが期待できません。

ですから、夏場で安定した飛距離を出すにはなるべくキャリーが出る弾道が理想です。

反対に、冬場のゴルフコースでは地面が凍っていたり、硬くなっている為に低い弾道の方がランが期待できます。

今の時期で、弾道の低い方が芝の長いラフに捕まると飛距離を大きくロスしてしまいますので方向性に注意されてください。

また可変式のドライバーをお持ちの方は、ロフトを増やし弾道を高くしておくと極力長い芝の抵抗を受けずにキャリーで飛距離を稼ぐ事が可能ですから是非試してみてください。