ドライバーショットがドロップボールになってお困りの方が増えています

近年のドライバーの大型化と反発規制によって、ドライバーの飛距離アップはスピン量を少なく、打ち出し角を高くするモデルと、スライスしにくいモデルの両極化となっています。

ドライバーショット
 
この流れはヘッドスピードが遅い人と、曲がりが大きいフックボールを持ち球としている人に逆風となる傾向にあります。
 
チーピンといわれるフェースが極端に左を向く事によってインパクトでフェースがほとんど上を向かずに落ちるように左に曲がっていく球はスイングの問題だとして、クラブのせいでスピン量が少なくなりすぎて球がドロップして距離が出せない人が増えています。

 

現在はどちらかというと球が高く上がりすぎて飛距離が出ないことを困っていた人にとってはうれしい時代になっています。

 

低めの球を上手くコントロールしていた人はクラブの進化の恩恵をあまり受けられません。

 

でも、球が上がらなくて困っている人は球が高く上がりやすいモデルを選んだり、ロフトの大きいものを選択すれば飛距離が出る球質になりますから、球がドロップして上がらないとお困りの方はクラブ選びを考えてみるといいと思います。
 
スイング、もち球、それぞれのクセなどと相性のいいクラブなどもレッスン中にご相談いただければ、アドバイスさせていただきます!
 
ドロップボールの関連記事
◇ドロップボールでお困りの方、ボールを変えたら改善するかもしれません。
◇ドロップボールをクラブで防ぐ
◇2種類のドロップボール
 
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。