可変式ドライバーの調整方法、なぜ球筋が変わるのか?

 
今や、シャフトの向きを変える事で、フェースの向きを変化させるドライバーが当たり前になってきました。

 

みなさんは、なぜその調整をすると球筋に変化が出るかお判りでしょうか?

 
可変式ドライバーは必ずシャフトとスリーブといわれるヘッドとのジョイントをするための部品が接着されています。

 

このスリーブの軸線とシャフトの軸線に1°~2°の角度がついています。

 

この事によってネックにスリーブを差し込んで回転させるとグリップエンドが円周上を移動します。

 

その円周が時計の文字盤だとすると、グリップエンドが6時の位置にある状態が、標準の状態です。

 

この状態でシャフトをターゲットラインと直角にセットするとフェースがスクエアになります(モデルによってはやや左向きになるものもありますが、右に向くモデルはほとんどありません)。

 

それに対して、9時の位置にグリップエンドを持っていくと、フックフェース=ロフトが増える状態になります。

 

スライスを緩和させたい人と球を高が高く上がるようにしたい人はこの状態のクラブの構え方を変えるべきです。

 

スライスを緩和させたい場合は標準的に構えた時と同じようにヘッドを置くとシャフトが1°~2°ハンドファーストの状態になり、シャフトをターゲットラインと直角に合わせればフェースが左を向きますので、この状態で構えればボールが左へ行きやすくなりますからスライスが緩和されます。

 

球が高く上がるようにしたい場合は、上記の状態から、シャフトの軸線を時計回りの回転させてフェースをスクエアに合わせるとフェースが上を向いて高く上がる状態になります。

 

フックを緩和させたい、球を低く抑えたい人はその逆になります。

 

グリップエンドが12時の位置に来るのがフェースの向きは変わらずライ角がアップライトになります。

 
この状態は標準よりも若干高く上がりやすく、つかまりやすくなりますが変化は小さいので上背のある人はこの状態にするといいでしょう。

 
細かく度合いを変化させる場合は上背のある人は時計の文字盤の上半分の範囲で調整するといいと思います。

 
タイトリストの可変式はシャフトの先端の位置も移動して複雑ば変化をしますが理屈は同じです。
 
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。