手打ちについての勘違い

手打ちがいけないことだという認識は多くの方がりかいしていることとおもいます。

それに関連して、腕を動かしてはいけない、手首を使うな、などといわれる一方、手首を返せ、腕を振れ、などの声もありこういった矛盾を抱えたままの人も多いのではないでしょうか?

これらの本質を簡単にまとめると、肩甲骨と上腕骨を一体化して、手首を固め前腕の回転はOK。その上で肩甲骨の動きの伴った腕の振りもOK。

要は複雑な動きが出来る関節は固めて単純な動きしか出来ない関節が動くようなスイングが再現性の高いスイングになるので、そういったスイングをしましょうということです。

しかし、多くの場合はインパクトの直前にそのまま放っておいたら空振り、もしくはミスショットになるような場合に、咄嗟に腕や手でアジャストしなけらばならなくなっているケースがほとんどです。

プレーヤーはこのような場合に手で打った、力んだ、と感じていることが多いと思います。

ということなので、手打ちを矯正する第一歩は脇をしめて固めた手首を前腕で回転させられるようなアドレスをとることですので注意してみてはいかがでしょうか?