ウェッジ一本で上手くなる

近頃のクラブは深低重心が特徴で、スイートエリアが広く球が上がりやすいという特徴があります。

 

 

このクラブを使いこなすにはハンドファーストにインパクトするという条件が必須になります。

 

なので、スイング理論もそれに合わせて変化しています。

 

深い重心位置のクラブといえばウェッジで、

 

今の時代ウェッジを使いこなす練習が効果的かつ必須となります。

 

ウェッジが上手ければロングショットのミスもカバーでき、

 

ロングショットを磨くことにもつながります。

 

ウェッジは球が低く飛ぶように打つのが基本で、

 

特にウェッジで高いティアップで高いボールを打って方向と距離を出す練習をすれば、

 

そのままドライバーショットの練習にもなります。

 

時代の流れに乗った練習をしてライバルに差をつけましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。