バンカーの上達は先ず砂をとることから

初心者、アベレージゴルファーにとってガードバンカーからの脱出がとても難しいと感じる人は多いと思います。

 

 

上の画像はガードバンカーから画面の左に向かってボールを打った跡です。

 

バンカーから脱出するには打った後にクレーターのような跡が残るように砂を飛ばしていく必要があります。

 

というのは、ほとんどのガードバンカーはアゴが高いため高く打ち出す必要があり、

 

そのためにはリーディングエッジがボールの下に入る必要があるので、砂をとれなかった場合にはアゴを越える高さが出ずに脱出に失敗してしまいます。

 

脱出に成功するのはクレーターの真ん中より右寄りにボールがあったときでボールは高く上がり、バンカーを越えるだけのスピードも得られます。

 

バンカーから上手く打てる人ほどこのクレーターの位置と深さが一定しています。

 

初心者やガードバンカーからのショットが苦手な人はこのクレーターの位置が右にずれがちになるか、位置や深さが不安定な人です。

 

逆にいえばある程度クレーターの位置と深さを一定させることを練習すればバンカーショットが上達します。

 

練習場のマットや、バンカー練習場、庭の土の上などどこでもいいのでサンドウェッジをスイングしてできるだけ広い範囲をこするようにする練習をしてみてください。

 

結果的に体を主体にしたスイングで軸のブレがないスイングになると、他のショットの精度もアップします。

 

スイングのメカニズムに問題があってもクレーターを思った位置と深さに作ることができればショットのスキルはとても高いといえます。

 

バンカーショットの基本的な打ち方を理解したら、地面の叩き方が見つかるまで工夫して、

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。