スピンコントロールができると何かいいことがあるの?

飛距離を出したいとき、落としたいときには強くスイングしたり少し軽く振ったりして飛距離を調節するのが自然かもしれません。

技術的には飛ばなくなる弾道や飛距離が出る弾道の打球になるようなスイングをヘッドスピードを変えずに打つことでも飛距離を打ち分けることができます。

飛距離が出るのは基本スピン量を減らすかインパクトのロフトを立てて初速を速くするかで、ドライバーはロフトを立てて当てに行くとヘッドスピードが下がるのと相殺される感じになり飛距離は出ませんが、ロフトが大きなクラブほどロフトを立てると飛距離が出ます。

特にスピン量を調節できると攻めの幅が広がると思います。

ドライバーは高い弾道ほどスピン量を少なく、低いほど少し多めにすると飛距離が出ます。

これらのことが意図せず起きると距離のばらつきが大きく、少しコントロールすることができるだけでそれを小さくできます。

少しずつでもいいと思いますのでスピン量を変える練習に取り組んでおいて欲しいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。