ミスショットも傾向を利用してスコアアップ

誰でもショットの方向が右や左へ行ってしまうことがあります。
目標より右に行ってしまうミスと、左に行ってしまうミスでは少しその内容が変わります。

ゴルフのクラブの特性の1つで、構えたクラブをシャフト軸を中心に時計回りに回すと右に向き、反時計回りに回すと左にフェースが向きます。
同時に右を向くとフェースが上を向き、左を向くと下を向きます。

右に行くミスはフェースが右に向いたということなので、上にも向きますから右に向いた度合いによっては8番アイアンのロフトが9番アイアンのロフトになってしまうようなものです。

そのため右に飛んだショットは飛距離が出ないということになります。
逆に左に行くミスは距離が出てしまうことになります。

ゴルフ場の設計家もこの傾向を利用して、短いホールのグリーン周りには右手前と左奥にバンカーを配置してバンカーに入りやすくしたり、グリーンを右奥が遠く左手前が近い形状にすることでグリーンに乗りにくくしたりします。

逆に長いパー4などは、その逆にバンカーを配したりして難易度を下げるなどの工夫を凝らして設計します。

ラウンドをするときは右にミスすると距離が出ない、左へミスすると距離が出ることを頭の片隅に置いてプレーしていただきたいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。