ウェッジによる球の違い

アプローチショットのイメージは、人それぞれ違うと思います。

球を低めにだしたい人、高く打ち出し人など。。

打ち出しの高さに影響するものとして、ロフト角の他に、溝の形状やバウンス角なども影響を及ぼします。

昔のフォーティーンに代表されるように、角溝で溝の深さが深いものは、球が低くでます。ボールが削れてしまうほどのスピン。。 懐かしいですが溝規制のかかった現在では、まずお目にかかれません。

次にバウンス角です。

バウンス角が大きいほど、インパクトでロフトが立つ方向に動きます。

アプローチで球が高く上がってしまい距離感がだしずらいと感じている方は、バウンス角の大きいウェッジをお勧めします。

反対にスクープソールといわれる、バウンスのないものは、ザックリしやすいクラブといえます。

その為に刺さらないようにフェイスを開いて使うようになりやすく、球が高くなりやすくなると思います。

球を低くうちたい人は、ハイバウンスのモデルを、高く打ち出したい方はローバウンスのモデルを使用すると良いと思います。