パター選び

少しクラブに詳しくなってくると、ドライバーを選ぶ際はヘッドの重心位置(クラブ全体の特徴)、重さ、ロフト、フェース向き、シャフトの性質(キックポイント)、硬さ、長さなど多くの条件を自分の好みと照合してそこそこ打ちやすいものを選ぶことが出来るようになります。

 

それに対してパターは、長尺、中尺、短尺の中から選択し、短尺なら好み(ピン型、マレット型、L型)に応じてヘッドのタイプを決めます。後はロフト、ライ角、重さ、長さが自分に合ったものであればそこそこに入るパターを選べるでしょう。

 

ここまではカタログ上でも判断が出来るようになると思います。

 

しかし、クラブの顔、打感、細かなフィーリング、何より思い通りに打てるかどうかはカタログ上で判断する事は出来ないでしょうから実際にラウンドで使ってみないとわかりません。そして、その上で購入を検討出来たら買い物の失敗をする事はないでしょう。

 

それでもなお、そのクラブと長く付き合えるかどうかはわからないかもしれません。

 

いずれにしても、自分に合うタイプのクラブがどんなものなのかを知っておくことがクラブ選びの基本だと思います。そしてその好みのタイプのものを実際に打ってみる事が大事です。自分の好みがわからない場合は、打ってみていいかどうかで判断するしかありません。

 

自分の好みを知るためには、いろいろなクラブを打ってみる事です。そうしていくうちに統計的に自分の好みが決まっていきます。

 

という事でパターに限らずクラブ選びを失敗しないためのポイントは「試打」をすること。そうすればクラブの知識はなくてもいい買い物が出来る可能性が高くなると思います。