スライスが持ち球になる人の歴史?

日本人の国民的球筋とも言われるスライスボールですが、どうしてそのようになってしまうのかを、私なりの仮説をたててみたいと思います。

 

まず初心者のアドレスを見ると、大方の人が目標の右を向いて構えているケースが多いです。さらにゴルフを始めたばかりの人は、インパクトでクラブフェースを直角に戻す事が出来る人は、ほとんどいません。ですから、最初は練習場でも球が右にばかり飛んでしまいます。

 

そして右に球が飛ぶ状態のままで、人に誘われてゴルフコースに出る事になります。初めてのコースで右の林や、右のOBを経験して帰ってきて、右に飛ぶことは最悪だと考え、練習に励みます。

 

練習場で球を打っている中で、アウトサイドインに振ると、ボールを安全圏に運べる事を学びます。

 

再びコースに出ると、知り合いに「球筋が悪く、スライス回転を減らした方が良いとアドバイスを受けます」

 

今度の練習のテーマは、スライス撲滅です。そして練習の中で手首を返してスライス回転を抑える事を発見します。

 

そして自分は上手くなったと勘違いをして、そのスイングの反復練習で、形が固まってしまい現在に至っている。

 

と行った具合でしょうか?

 

このようなスイングは、基本的にアウトサイドインは治っていません。テンプラもでるし、引っ掛けも出ます。そしてスライスも治っていません。スイング事態も、とても美しいとはかけ離れた、独特の打ち方でしょう。

 

もしこのような状況の方や、これからゴルフを始める初心者には、私はあえてオープン・スタンスを勧めます。理由は、ダウンスイング以降の体の正しい回転を覚えやすい事、手首の返しではなく、クラブを左に振り抜く事で、正しいハンドファーストインパクトの習得や、インパクト・ロフトの安定が作り出せます。

 

今は、アライメント・スティックなど、目標に正しく構えられる道具があります。特に、練習場でマットの向きではなく、右を狙う時や左を狙う時に、自分の感覚とのズレが、出てくると思います。

 

右向きの構えは、上級者になって、クラブの動かし方や、股関節の使い方が分かってからであれば、良いと思いますが、それまでは、お薦めできません。

 

体の柔軟性が、衰えてきた高齢者もオープンスタンスによって、飛距離アップされているケースは、レッスンでも実証済です。ご興味のある方は、是非お試しください。スライスではなく、体幹の力を使ったパワーフェードを目指しましょう。