ダフりで寄せる

グリーン周りから落ちてからあまり転がらない球を打ちたいときに使うロブショットやバンカーのエクスプロージョンショットなどではフェースを右に向けてグリップして構えることで、フェースを高い方向へ向けて(これを、フェースを開くと言います。)打ちます。

 

この時にクラブの構造上、フェースを開くほどリーディングエッジよりもバウンス部分が低くなります。目一杯フェースを開くとほぼソールの厚み分リーディングエッジとの高低差があってクラクラします。(;^_^A スベッた?

 

フェースを開いて高く打つショットはリーディングエッジをボールの南極部分かそれより下を通過させて打つと上手くいきます。ということはリーディングエッジよりもさらに低いところを通過することになるバウンス部分はインパクト時にはボールの南極部分の下、1センチ近くを通るように振るときれいに高く上がるボールになります。

 

そのためには、セットアップ時にボールのすぐ脇にソールしているとしたら、バウンス部分でボールの南極部分の1センチ以上下の深いところを叩こうとしてください。結果的にそこまでの深さに入るためにはインパクト直前の数センチから地面に潜り始めてボールの下をヘッドが通過します。

 

ということで、フェースを開いて打つショットはヘッド軌道の最下点が下に下がるダフりをわざと起こすショットと言うことになります。ダフりもトップも意図的に起こせばナイスショットなんですね。∥出口∥ヽ(^^ゞ。。。。デハ、、シツレイ