お気に入りのグリップを探す

今日は、グリップについて考えてみたいと思います。グリップといっても、握り方ではなく、グリップという部品そのものについてです。

 

ゴルフを語る上で、必ずといっていいほど、グリップの重要性が語られます。人間の体とクラブをつなぐ唯一の接点である事実を考えれば、その重要性も何となく理解出来るのではないでしょうか?

 

レッスンをしていると、お客様のクラブを拝見する機会があるのですが、クラブを見てみると、グリップの太さがバラバラの方がたまにいらっしゃいます。さらにグリップの材質もラバーのグリップ、コードの入ったグリップ、樹脂で出来たグリップなど混合しているケースさえあります。

 

グリップの素材や太さが変わると、手に感じるフィーリングは統一感のないものになってしまうと思います。

 

タイガーウッズは、ゴルフプライド社のツアーベルベットのコード入りのグリップを、長年愛用しています。クラブヘッドやシャフトは新しい物に変わっても、グリップは変えないのです。それだけ「このグリップ以外は考えられない」という強いこだわりがあるのかもしれません。

 

皆さんも自分のクラブセットの中に、振りやすいクラブや振りにくいクラブがあるかもしれません。特に振りやすいと感じるクラブは、グリップの材質や太さなどが自分にあっている可能性が高いので、他のクラブもそのグリップにして、太さも同じ位にするのも良いと思います。ゴルフショップなどに行って、クラフトマンに相談するのが最善策でしょう。

 

良いグリップに出会えたら、ゴルフに変化が現れるかもしれません。しかし私は過去にゴルフプライド社のスウィングライトというグリップ(緑色の文字が特徴で、ゴルフ歴の長い方はご存知かもしれません)が、お気に入りだったのですが、生産中止になってしまって、とても悲しい思いをした事があります。

 

ベストセラーのグリップは無くなる可能性は少ないのですが、あまり有名でない会社の製品や、売れ行きの悪い物は、市場から消えてしまう可能性もあるので気をつけましょう。