初心者はランニングアプローチを積極的に多用してみてはいかが?

初心者にとってグリーン周りでウェッジを使ってのアプローチショットは難しいものだと思います。ウェッジはクラブセットの中でもロフト(フェースの上向き角度)が大きく、残り距離の割には大きな振り幅でヘッドスピードを速くする必要があります。そして、ロフトを大きくするにはソールとフェースの角度が鋭角になるのでダフったときに地面に刺さりやすくなり、トップしたときにはスピンがかからない状態で勢いよく低く飛び出すのでグリーンをオーバーしてしまうこともあります。

言い換えるとロフトが一番立ったパターであればボールを打つこと自体はとても易しいということになりますし、少々のダフリやトップでもミスがとても小さく済むことになります。難しいのはグリーンまでの芝生の抵抗を読むことです。この間の抵抗をなくすにはやはり高く打ち出して長い芝生を飛び越すことですがそうなると話が元に戻ってしまうので、一番ロフトが大きなウッドかユーティリティで打つと意外に確実なアプローチができると思います。これは結果的にランニングアプローチという種類のアプローチになります。

打ち方としてはフェースを少し立て気味にハンドファーストに構えてインパクトも同様にするといいでしょう。

自信を持ってウェッジで確実にボールをミートできるようになるまではランニングアプローチに磨きをかけると考えるといいと思います。

ランニングアプローチをすると、手前の芝生に食われてグリーンまで届かなかったり、抵抗を気にし過ぎて強く打ちすぎてしまうことが起きると思いますが、懲りずに経験を積み重ねることで少しずつ計算できるようになることができます。

上級者になるほどランニングアプローチをする頻度は少なくなりますが、ランニングアプローチを鍛えた経験があればそれを選択肢に入れることができるので、上手くなってからも活かせる技術になります。

ランニングアプローチは技術よりも経験がものをいうので、初心者でいるうちにたくさん経験しておくといいと思います。積極的にランニングアプローチを多用して経験を積んでいってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。