初心者の大叩きパターン

ゴルフのはまりパターンを知っておくと大叩きを避ける手掛かりになると思います。ゴルフがある程度上手くなっても1ホールで大叩きすることはあります。実力によってもはまりパターンは違うかもしれません。大叩きの回数も違うでしょう。中級者くらいになると大体自分のはまりパターンは自分で知っているでしょうけれどもそうならないための具体策は持っていない人が多いかもしれません。

初心者の方に多いはまりパターンをいくつか挙げてみましょう。

ドライバーのミスショットからの大叩き:
まだ慣れないドライバーでティショットを打って、ヘッドの端に当たるなどしてティエリア周辺の整備されていない林の中や谷底、大きな傾斜などからの難しい状況からのショットを余儀なくされて大叩きにつながるパターン。OBや池に入ったら特設ティに進めるのに、生き残ってしまったがために大叩きとなります。難しいところに球が行ってしまったときはアンプレヤブルでティエリアから打つこともできます。ミドルアイアンなどで打ち直せば大叩きが避けられるかもしれません。プレーを続ける判断をするなら、比較的平らなエリアを見つけて距離を欲張らずに行くといいでしょう。

フェースに当たらなくなる:
順調に進んでいたはずが急にフェースに当たらなくなることで、なかなか前に進めなくなるパターン。こんなときは飛距離を捨てて、一番得意なクラブでハーフショットするなどしてボールをヒットする感覚が呼び覚まされるのを待つのもいいでしょう。熱くなってクラブを思い切り振り回しやっと当たったらとんでもない方向に打球が飛んでいくのが最悪のパターンです。

グリーン周りで行ったり来たり:
グリーン周りでウェッジでアプローチを試みてトップとざっくりが続いてしまうパターン。こういう時はランニングアプローチやパターでのアプローチに切り替えてみましょう。行ったり来たりしてしまうとメンタルへのダメージも結構あると思います。次のホールにも悪影響が残ることもあるかもしれません。困ったらパターでアプローチすることを考えてみてください。

ゴルフは小さなミスの連続までにとどめることができたら意外に良いスコアで済みます。スーパーショットは求めず大きなミスを避ける工夫を自分なりにしてみると将来のコースマネジメントの勉強にもなりますのでまずは無理をしないことを勉強するつもりでラウンドしてみてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。