初心者もコースでは振り方を気にしない

ゴルフスイングは、スイングを頭で理解する→それを繰り返し反復する→体で覚える、体で覚えた分がコースで特に緊張状態で発揮できる技術で、それが自分ができるスイングです。練習場で反復中のスイングは、数ホール消化後は発揮できないスイングといえます。

そして体で覚えたことは無意識に行われるので安定した技術といえます。この、自分ができるスイングのショットの傾向を利用してラウンドすることが一つのスコアメイク術です。

それがスライスで右に飛ぶ傾向だとしたら左を狙って打つことで結果を読むことができます。初心者の方はスライスして右に飛ぶ人が多くそれを修正する技術もないのである意味絶対にショットが左へ飛ばないという結構な武器になりますから、これを利用して1打でも少なくなるよう考えてラウンドしましょう。

いい換えるとスライスしないような打ち方は練習でして、コースではスイングについてあまり考えずにのびのびとプレーしましょう。ミスを直そうとせず今身についているスイングでプレーする練習をラウンドではしていくといいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。