カチャカチャの調整基準

ドライバーに搭載されている弾道調整機能は、

 

①シャフトの取り付け角度を調整するもの

②おもりをスライドさせて重心位置を変化させる

③おもりを変えてバランスを調整する

 

の、3タイプがあります。

 

①は単純にロフト、ライ角が変化して弾道を変えようという目的のもので、僅かに重心位置も変わります。

 

②は重心距離、重心角を変化させて性能変更をして弾道が変わるというもので、打ちやすさに大きく関わります。

 

 

これの変更の基準は、その人の得意クラブを基準にして決めるといいでしょう。

 

得意なクラブをヘッドがテーブルからはみ出るようにして、シャフトをテーブルの上に置くと、リーディングエッジが斜めになります。

 

この傾きを重心角といいますが、アイアンは短い番手ほど重心角が深くなります。

 

重心角が深いほどインパクトのハンドファーストの度合が大きくなるのが適正なインパクトで、ショートアイアンが得意な人はドライバーの重心角もそれに近づけてあげれば打ちやすくなります。

 

③は重さを変えればわずかに重心の高さも変わりますが、振りやすいバランスにするための機能と考えた方がいいでしょう。

 

従来は重くするときは鉛を貼り、軽くすることができませんでしたが、軽くすることも可能なので便利です。

 

また重くする場合、鉛を貼る方が僅かですがエネルギーロスにつながるので有効な機能だと思います。

 

ということで、カチャカチャで調整して自分用のドライバーにするためには、②、③を最初に調整して打ちやすい状態にした上で、①の調整で最終的な弾道に調整するといいでしょう。

 

①~③すべてが搭載されているものは少ないですが、すべて搭載のモデルで自分に合った重心位置を発見すると、今後のクラブ選びがスムーズに運ぶでしょう。

 

折角ついている機能なので、是非活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。