カチャカチャの使い方

 

シャフトの挿入角度の調整機能の利用の仕方についてのお話です。

カチャカチャで変わるのはライ角とロフトです。
ロフトが増えるのとフックフェースになるのは同義です。
この使い方で高いボールが打てるようにもなり、つかまりやすくもなります。
 
【補足】
ライ角は、ヘッドとシャフトについている角度なので、打ち出しの方向に影響します。
アップライトだと球が捕まりやすく、フラットだとその逆になります。

ロフトはご存じの通りクラブフェイ―スの角度
打ち出しの角度に影響します。
ロフトが増えるとバックスピンがかかりやすく、サイドスピンが減ります。
大きな曲がりが出てしまう人は、ロフト角を調整してみてもいいかもしれません。
 

まずドライバーのニュートラルな状態とは、ヘッドをソールしてフェースをターゲットに向けたときにシャフトがターゲットラインと直角になる状態です。

 

これに対してロフトを1°増やした(=フックフェースにする)としたら、ソールをしてシャフトをターゲットラインと直角に合わせるとフェースがわずかに左へ向きます。

 

このまま打つのがつかまりをよくしたい場合の使い方です。

 

フックフェースの状態をシャフト軸をフェースがターゲットラインと直角になるように回転させると、ロブショットのときと同じ理由でフェースが高い方向に向きます。

 

この状態で打つのがロフトを増やして高い球を打ちたいときの使い方になります。

 

アドレスを変えなくてもロフトを増やした状態でショットを打てばつかまりやすく、上がりやすくなりますが、使い方を明確にして目的に応じて構え方を変える方がシンプルだと思います。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。