冬のゴルフ

もうすぐ冬がやってまいります。夏と冬でゴルフのスコアを考えた時に、

多くの方は、冬のほうがスコアは悪くなると感じるのではないでしょうか?

では何が大きな要因でしょうか?

厚着でスイングがしにくい、飛距離が落ちるなどもありますが、僕個人としては

ライが悪くなる事が一番影響するのではないかと思います。

地面が凍っていたり、凍っていた地面がとけたら

今度はグチャグチャなライに変わる可能性もあるでしょう。芝の状態もぺたっと

してザックリしやすい状態も考えられます。 夏場はボールと地面の間に隙間があるので

、ウェッジで球を上げる事はさほど難しい事ではないのですが、冬はこの隙間がなくなってしま

うためにボールをフワリと上げる事が難しくなります。そういう意味では冬はラフの方が易しく感

じる方も多いのではないでしょうか?

普段ウェッジ一辺倒でアプローチをしてる方は、しっかりした技術がないと冬のアプローチは

手こずる事を覚悟しておいたほうがよいと思います。

クラブの構造上、一番ザックリしやすいクラブはサンドウェッジです。ゴルフは確率のスポーツで

すから、どうしても球を上げなければならない状況以外ではランニングアプローチをお薦めしま

す。基本的にランニングアプローチをするクラブは、ウェッジに比べるとロフトが少ないので、

スイングスピードが遅くてよいことになります。たとえトップしてもウェッジで打ったトップに

比べれば球が飛び過ぎてしまう事は少なくなるでしょうし、何よりもザックリの確率が少なくな

ります。他にもグリーンが凍っているかわからない状況では、球を上げてキャリーでグリーン面

に落とすと、奥のOBまでいってしまう可能性なども考慮しながら、ランニングアプローチで転が

し上げて、保険をかけながら状況を確かめるなんて事ができたら、冬のゴルフもお手の物です。