ショートパットのちょっとしたコツ②

ヘッドスピードの遅いショートパットは、スイング軌道の影響よりも、

インパクト時のフェース向きに強く影響され、ボールは打ち出されます。

言い換えれば極端なカット打ちだろうが、インサイドアウトが強かろうが

ストレートラインであれば、カップの真ん中にフェースが向いて当たれば

良い事になります。

1メートルや2メートルのパットは、打ち方を細かく考えるよりも、打ち出す

ラインに対して、フェースを直角に構える事に集中してストロークを行なって

みてください。