日本人アマチュアゴルファーはアイアンでターフをとらなくてもいい?

トーナメントを観ているとわらじのようなターフを飛ばしていく光景を見たことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

ターフをとって打つのを見て気持ちよさそう、かっこいいと感じる人も多いようです。

 

ただ、プロのアイアンも年々低重心化が進んでいますが、それ以上にアマチュアの方が使うアイアンは低重心化しているので、

 

ターフをとらなければならない状況はあまりなく、ボールだけを払い打つ方が良いことが多いと思います。

 

さらに、野芝やコーライ芝ではわらじのようなターフは取れませんし、ボールが芝の中に沈まないのでこれもターフをとる必要がない要素となります。

 

洋芝といわれる芝生は葉がやわらかいので、芝生の中に沈んでボールが地面につきやすいために、ターフをとるような打ち方が求められます。

 

なので、日本でプレーすることが多い日本人ゴルファーの方はあまりターフを飛ばせる機会が少ないので、ターフをとらないようなアイアンショットを練習した方が環境に適応した打ち方といえます。

 

国内にも洋芝のフェアウェイのコースはいくつかありますので、そんなときにはターフを気持ちよく飛ばしてプレーしてください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。