ラフからのテンプラショットを防ぐ

ティーショットがラフに止まって、ボールの場所に行ってみたら綺麗に球が浮いていて、ラッキーだと思ったらテンプラやダルマ落としになってしまった経験がある方も多いと思います。

 

浮いたラフからテンプラを防ぐ方法は「クラブを上から打ち込まないようにする」事もしくは「テンプラになりにくいクラブを使う」と良いでしょう。

 

ラフと言っても芝の根元にボールが達している事はケースはかなり少なく、上から打ち込むことによってクラブのソールが抜けなくなりかえって距離が出なくなる事が考えられます。距離を大きくロスする時は大抵の場合はクラブフェイスの重心よりも上に当ってしまったケースです。

 

それを防ぐためには適度なアッパーブローに振ると有効です。

 

トップになるかもしれませんが、テンプラにはなりません。

 

次の方法としては、クラブフェイスが上下に長いクラブを使用することです。

 

この方法であればスイング軌道がダウンブローの方にも有効であると思います。

 

フェアウェイウッドよりユーティリティクラブ、ユーティリティよりもドライバーといった具合に難易度は別としてテンプラにはなりにくいと考えられます。

 

テンプラにお悩みの方はご参考までに。

テンプラ

テンプラにお悩みの方へ、クラブ選びのアドバイスをさせていただきます。

 

テンプラのミスショットは、インパクトゾーンにおいてクラブヘッド軌道が上から下にダウンブローで動いた時にクラブフェイスの上過ぎる部分やさらにその上であたると起こるミスショットになります。

 

 

もちろん傾きすぎた軌道を直す事も有効ですが、スイング軌道を直す事はなかなか容易なことではありません。

 

 

しかしクラブを変える事で、出にくくすることは可能です。それはクラブフェイスの高さがあるクラブ(ディープフェイス)と呼ばれるクラブを使用する事です。

 

 

フェイスの厚みがあるぶん、テンプラにはなりにくく、実際スクールの生徒さんでクラブを変えただけでテンプラのミスが治ってしまった方もいます。

 

 

パターにおいてもダウンブロー軌道が強く、転がりが悪かった方が、ディープフェイスのパターにしたら転がりがよくなる可能性が高いと思います。

 

 

自覚症状がある方はクラブを変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

(null)

脱テンプラ

テンプラはアウトサイドン軌道で最下点が下に下がった時に出るミスショットです。

 

最下点が下に差がってしまう原因として多いと思われるのが、アドレスをターゲットラインに後方から見た時の腕とシャフトで作られた「くの字」の角度がインパクト直前までに拡がってしまうことです。

 

アドレスのひと工夫でこの度合いを緩和する事が出来ますのでお話ししたいと思います。

 

シャフトにグリップがついただけ(ヘッドを抜いたクラブ)のものでアドレスして下さいというと、初心者の方は多くが普段通りのアドレスの形になり、上級者ほどシャフトの先端が地面から大きく離れたアドレスになります。

 

上級者ほどアドレス時からくの字が伸びないように力を入れているという事で、インパクト時にはその力が強くなり「くの字」が伸びないようにヘッドを持ち上げるような力が入ったインパクトをします。

 

テンプラが出てお困りの方は

テンプラとティアップの高さ

テンプラを防ぐにはティアップの高さを低く、テンプラの矯正にはティアップを高くするといいと思います。

 

ラウンド中はティアップを低くして予防、練習時はティアップを高くしてアッパーブローに打つ練習をする事で、矯正していくといいでしょう。

 

テンプラをしてしまうのはアウトサイドインの軌道で最下点が下に下がってしまうからなのでインサイドから最下点が下がらずに当てられるようにしていきたいわけですからティアップを高くするとこの条件と合致し、心理的にもアッパーに当てようとする意識になりやすいのでテンプラの矯正につながります。

 

さらに、インパクト直前にヘッドが急激に下がりながら当たってしまう原因を取り除ければ根本的な解決につながります。

スタンス幅

スタンス幅とスイングの関係についてです。

スタンス幅が狭いと、スイングはアップライトになりやすく、反対に広いとフラットになりやすくなると思います。

テンプラに悩んでいる方は、スタンス幅を広くする事で軌道がシャローに変われば治るかもしれません。

ダフリに悩んでいる方は、スタンス幅を狭くすることで軌道がアップライトに変われば治るかもしれません。

狭いスタンスや広いスタンスなど色々試してみて、自分に合ったスタンス幅を探してみると良いと思います。

テンプラとザックリ

ドライバーのテンプラでお困りの方は多いでしょう。

 

テンプラの原因はアウトサイドインの軌道になっているからですが、プロでアウトサイドインの軌道でフェードを持ち球にしている選手がテンプラをしてしまうという事はまずないでしょう。

 

テンプラはアウトサイドインの軌道でインパクト直前に手首が縦にほどけてヘッドが急降下してしまうことで起きる事がほとんどです。

 

この急降下が防げればテンプラを防げます。ちなみに同じスイングをアイアンでするとザックリになります。

 

テンプラかザックリでお困りの方は手首が縦にほどけなくなるように出来ると直りますので注意してみてはいかがでしょうか?

テンプラする人は・・・・・・

テンプラが多く出て困っている方はディープフェースのドライバーを使ってください。その上でティアップは低めにし、フェースの下よりで打つように心がけましょう。最近はかなりディープなドライバーがあるのでかなりテンプラを減らせるはずです。

 

これはあくまでも応急処置なので、根本原因のアウトサイドイン軌道を直すまでのつなぎとして考えて下さい。

ハーフショット練習

スライスやテンプラにお悩みの方にお勧めの練習法をご紹介します。

ハーフショットと練習と聞くと、ウェッジや7番アイアンを想像される方も多いと思いますが、お勧めのクラブはドライバーです。その際に少しティーアップの高さを高めに設定して行ってください。

スイングの振り幅は、クラブのシャフトが地面と平行位の位置で試してください。

テンプラとスライスの大きな原因は、インパクトゾーンでクラブヘッドが高い位置からボールに衝突する事です。

上記の振り幅でテンプラが出る方は、クラブヘッドを低い位置からボールに当てると良いでしょう。

スライスされる方や、球が高く上がりすぎる方は、ダウンスイングで、右手の前腕部が時計回りに回転されている可能性があります。右手の前腕部を反時計回りに回し、クラブフェイスがスクエアに戻るように注意されてみてください。

ドライバーのハーフショットで、高い球が出るのはスライスやテンプラ癖のある方の特徴でもあります。

機会があれば、試してみてください。

明治の大砲2

ってしまう人はチーピンも出やすいのですが多くの場合テンプラになりやすいスイングでもあります。

 

このような方はダウンスイング以降、肩の回転や左への体重移動でグリップエンドを引っ張り、アドレス時のグリップエンドの位置をグリップエンドが通過するくらいまで引き続けることができれば大きく改善されるはずです。

 

ただ、副作用として球が右へ行ってしまうようになると思われます。これは多くの場合左脇があいてヘッドが戻らない状態です。左の上腕(肘と肩関節の間)がわきをしっかりしめることでグラグラせずに安定することができればこれも改善されるでしょう。

 

明治の大砲になってしまう人は自覚できていることが多いので思い当たる人は少しでも早く改善に努めていただきたいと思います。

テンプラの直し方

 

      OK Wave から質問を拝借してきました
Question
最近ドライバーショットでテンプラが出るようになってしまいました。
なぜテンプラが出るのか、どうしたら治るのか、どなたか教えてください。お願いします。ドライバーショットの球の位置は左足のかかとの前、ティーの高さは3,5センチ~4,5センチくらいだと思います。

Answer
アウトサイドインの軌道でヘッドがボールの下に入ってしまったミスショットがテンプラです。応急処置としてはティを低くしてトップ気味に当てるようにすればテンプラを減らせるでしょう。フェアウェイから同じミスをしたとしたらザックリになります。
これを直すためにはアウトサイドインの軌道の度合いを小さくするかインサイドアウトの軌道で振れるように練習してください。軌道が変わってくるとダフリが増えてきますから、そうなったら手首が下に伸びてダフっているはずなので、手首の角度が変わってヘッドが下に落ちる事を防ぐようにしてください。
ここまで出来たらテンプラが直ります。もし上記のダフリをアウトサイドインにして防ぐと元に戻ってしまいますからそこが一番のターニングポイントでしょう。