ミスの傾向が一定のショットが良いスコアを生みます

スタート前の練習場でなんか右にばかり飛んでしまうなというときは右に行かないように修正すると左右どちらにも曲がるミスの傾向になってしまいます。完全に修正しきれればいいのですが、ひどく右に行くのでなければ、ラウンドでは常にターゲットの左を狙って打つと目標付近に飛ばせるショットになるので、スイングを替えずにそのショットの傾向を上手く利用することがスコアメイクにつながります。

左右どちらにも曲がるとただ真ん中を狙って打つことしかできません。右にしか曲がらないなら右にトラップがあるホール以外では問題なくプレーできます。

右へ飛ぶショットは飛距離が落ちる傾向になるのでクラブ選択は普段より大きなクラブを持つようにすればいいでしょう。つかまった飛距離が出る打球が打ちたくなるつかまったりつかまらなかったりして飛距離が計算できなくなります。左右へのミスが一定していると飛距離も一定しますからスコアメイクには有効です。

このような調子の日は飛距離が出ないことを受け止めてプレーをし、ラウンド後に将来のためにショットの修正をすることを繰り返していくと、ナイスショットでコースを攻めて行くことができるようになります。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。