初心者の方、ラフから打つときはとりあえず7番アイアンくらいで打つと決めてみてください

ラフからのショットは芝生の長い葉に阻まれてボールに対して上手くコンタクトすることが困難で、なかなか思い通りのショットを打つことが難しいショットになります。ボールとその周辺の芝生の状態(ボールのライ)をよく観察した後にボールを打ってみることの繰り返しでこの状況はどんな番手でどのように打ったらいいかが少しずつ分かるようになっていきます。

初心者の方はまずはラフから打つときの番手を7,8番アイアンで打つことを自分ルールとして経験を積んでいくといいでしょう。ライを見て打つ経験をしてトライアンドエラーを繰り返していくうちに7番アイアンでは厳しい、逆にもっと長い番手でも打てそうだとか分かるようになります。ラフからのショットは本来なら打てそうな番手よりも短めの番手を選択できるようになると必要以上に大叩きをしないで済むようになります。

初心者の方はまずはラフから打つときの番手を決めて、打てる打てないの判断基準をまずは作ってみてください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。