クラブに関しての明日使えない無駄知識です

ゴルフをプレーしている時にクラブのシャフトを利用して直線をイメージするための補助として利用したり、青木功選手のようにシャフトを垂直に垂らして傾斜を読む補助として利用することがあります。

 

シャフトを垂らすようにしてみる際は、シャフトが垂直にならないと狂いが生じます。

 

ゴルフクラブのシャフトはヘッドの重心に向かって挿されていないので、ヘッドを下に垂らしてもシャフトは垂直になりません。

 

垂直には出来ませんが、垂直に見えるようにはできます。

 

そうするには、ヘッドの重心とシャフトの軸線を直角に結んだ線をターゲットラインの真上に重ねるようにすると自分から見ると垂直に見えます(実際には自分側かターゲット側に傾いています。)。

 

例えば、テーブルの上にシャフトを置いてヘッドだけテーブルの外に出るようにするとフェースが真上を向く(完全な水平になると違反の可能性があります)フェースバランスといわれるパターなら、フェースをターゲットに向けてヘッドを垂らした時に垂直に見えるようになります。

 

こんなこと知ってても、ほとんどプレーに影響はありませんが、トッププロほどの精度があれば影響を受けてしまうでしょう。

 

明日使えない無駄知識でした。