パットのライン

グリーン上ではフックラインやスライスラインの場合、カップに入るラインはタッチの強さによって変わる事になります。簡単にいうと強めに打って曲り幅を少なくするか、ジャストタッチで膨らませて打つかということになります。

 

パターを行うに当たって、3パットも嫌だし、1パットも欲しいという願望はゴルファーなら誰しも思う事かもしれませんが、ことわざにもあるように「二兎追うものは一兎をも得ず」と思っておいた方が優柔不断による後悔を避けられると思います。

 

優柔不断を防ぐ為にお薦めの方法はパッティング時に描く仮想のラインを一本の細いラインではなく、帯状の太いラインを想像すると良いのではないかと思います。言い換えれば自分の中で曲り幅の一番小さいラインと一番膨らませるラインを描いて、強さに応じて、打ち出すラインを変える事です。

 

距離を合わせる場合には、一番膨らませたラインでジャストタッチで打てば3パットを防げるでしょう。入れにいく場合は強めのタッチで曲り幅を少なくします。しかし強めのタッチの場合はカップインしなければ3パットの確率が上がりますので覚悟が必要だと思います。

 

オール2パットを目指すのも良いと思いますが、3パットの数より1パットの数が上回れば2パット平均を上回るのもまた事実です。大切な事は自分で後悔しないように決断することだと思います。