ドライバーで球がドロップする人はバランスを軽くしてみましょう

ウッド、ユーティリティの低スピン化が進みクラブのチューニングの選択肢もかなり拡がってきています。

 

以前はバランスを軽くするとスピン量が多くなってしまい、ヘッドスピードが上がって初速が速くなっても飛距離がダウンしてしまいました。

低スピン化が進んだことによりスピンが少なすぎて飛距離をロスしている人はバランスを大幅に軽くしてヘッドの加速度を上げる事で適正なスピン量になり飛距離がアップするパターンが出てきています。

 

持ち球がドローの人はこの方法を試してみる価値があると思います。

 

バランスを下げる為には軽いヘッドの交換するかクラブ長を短くする、重りを軽いものに変更するなどの方法があります。

 

バランスを軽くする際は0.5~1フレックス軟らかくしたり、軽量グリップに変更したりすることでスイング中にヘッドの重みが消えてしまうことを防止できます。

 

また、これは少し違った効果になるかもしれませんが、グリップを巻く前にグリップの装着部に鉛テープを貼ったり重いグリップに変えたりすることでもバランスが下がります。

 

シニア用や女性用はすでにこの方法がとられているクラブも多くありますが、ヘッドスピードが速い人にとっても有効になってきましたので、バランスを軽くすることでヘッドスピードが上げられそうな人は試してみる価値ありです。

 

クラブを短くしてバランスを軽くするとヘッドスピードが上がる人は短く、長くしてバランスを重くしてもヘッドスピードが落ちない人は長くすると飛距離アップにつながります。