フックに悩んだらロブショット

フックに悩んでいる方は左に曲がる事よりも打球がターゲットより左に行ってしまう事が問題でしょう。左に行ってしまうのはインパクトでフェースがターゲットよりも左に向いて当たってしまうことが原因です。

 

これを矯正するにはフェースを右に向けて当てる事を学習することが早道です。そのためにフェースを開いて打つロブショットを練習するとヒントが見つかるかもしれません。

 

フックで悩んでいる人はロブショットを打とうとしてもただ左に飛ぶだけになったりバウンスがボールの手前で跳ねてトップになったりしやすくなってしまいますが根気よく打てるようになるまで続けてみて下さい。

 

ロブショットの一般的な打ち方を紹介します。

 

まずSWでグリップを普段通りに握ってセットアップを完了した後、グリップエンドを時計回りに30°程回転させてから握りなおします。回転させる角度は最初はこのくらいがいいかと思います。するとフェースは上を向き、やや右向きになりますのでフェースがターゲットに向くまで立ち位置を移動してセットアップ完了です。あとは、トップにならないよう、どちらかというとダフリ気味にヒットします。

 

フックに悩む方は左にロフト通りに飛んで行ってしまったり、手前をダフってバウンスが跳ねてトップしてしまうことが多くなると思います。上記のアドレスから高い球がターゲットに飛ばせるように工夫して行って下さい。これが上手くいけばフック解消に必ず近づくはずですので挑戦してみて下さい。