100切りの目標設定

100を切りたいという目標はもちろんOKです。ただし、この時に同時進行の長期目標の90を切ることを目指す過程で結果として「100が切れた。」となるのがいいと思います。

 

また、さらに「115は必ず切る」というような最低目標を立てておくことも大事です。これがあることで100が切れそうもないことで気持ちが切れてしまった場合の大叩きを予防する効果があります。

 

整理すると、90切りを目指して奮闘中のAさん、当面の目標は100切りです。次のラウンドでは絶対100を切ると心に誓います。ここで同時に最悪の場合でも115は絶対切るぞという実力相応の目標も立てておきます。こうすることでひとつの目標は必ずクリアしていくという習慣作りにもなります。

 

Aさんの奮闘むなしく「103」というスコアだったとしましょう。90は切れなかった、90は無理でも100は切りたかったが、それもダメだった。となることはよくある事ですね。このパターンが続くとしたらAさんにとって 目標=達成できないになってしまいます。いわゆる負け癖、叩き癖、です。そこでささやかですが115は切ったという最低目標はクリアした事実は目標=達成できるものとして捉え続ける事が出来ます。そして最低目標は何があってもクリアしなければいけません。

 

この積み重ねで100が切れたら次は80切りと長期設定を変更します。これをしない人がバーンアウト、燃えつき症候群になります。これも大事ですよ。 マタネー!!…..((((((○゚ε゚○)ノ~~   |出口|