ミスショットとの付き合い方

ナイスショットやミスショットの記憶が将来の自分の実力を左右することがあります。

 

ヒトの記憶は、印象的な出来事ほど記憶に残りやすくなります。

 

もし、ミスショットの記憶が一切残らないとしたら、ナイスショットの記憶だけが蓄積されていきますので、ミスをした事が無いから、次も100パーセントミスが起きないと思えます。

 

結果的にミスになっても、自分のスイングをやり切ることができます。

 

なかなかそうはいかないのが現実で、打つ前に過去のミスの記憶がよみがえり、体が硬直し思ったスイングできずにミスショットが出てしまうことがあります。

 

これは、キャリアが長くなるほど多くのミスの記憶が蓄積されますからゴルフを長くやっているほど心理的にゴルフが難しくなっていきます。

ミスの記憶が一定量を越えるとゴルフに対して怖さを感じるようになります。

 

ジュニアの選手や、若手のプロはまだ一定量に達していないので、外連味なく思い切りのいいプレーができますし、イップスになることもまずありません。

 

初心者も同様です。

 

ゴルフが怖いものにならないようにするためには、早い段階で高い技術を身に付けてミスの絶対数を減らし、ミスをしたときには結果に対して感情を取り除き受け入れるなどして長期記憶に残りにくくするなどの工夫をしておくと、

 

将来のゴルフに対しての恐怖が軽減されるでしょう。

 

ちなみに、タイガー・ウッズのミスショットとスーパーショットを思い返してみてください。

 

ガッツポーズに伴ったスーパーショットの方が多く思い出されませんか?

 

ガッツポーズによって印象的な出来事として記憶に残りやすいからというのが一つの理由で、本人にとっても同じことになります。

 

そして、その日のミスはその日のうちに再発生しないように対処をして、次の日忘れられていたら理想的です。

 

ナイスショットとミスショットと上手に付き合いながら永くゴルフを楽しんでください。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。