旗竿と仲良くしましょう

2019年からの新ルールで、旗竿を挿したままパットをして旗竿に当たっても罰はないということになりました。

 

また、プレーヤーは、ストロークをする前に旗竿を挿したままか、付き添ってもらうか、抜くかを打つたびに選択をすることができる権利を与えられました。

 

 

上の画像のように風が強い日に、画像の下からパッティングをするとしたら、旗竿とカップの右縁の間が狭く、左は広くなります。

 

こんなときに、風下から上りのパットを打つ場合は旗竿がない方が入りやすそうですし、風上からの下りのパットはあった方が入りやすそうです。

 

入りやすそうだと思えるだけでもパットの成功率が上がると思います。

 

手間はかかりますが、旗竿をパット数を減らすためのアイテムとして使った方が今年からはお得なようです。

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。