ダウンスイングで右肩を下げてはいけない?

プロゴルファーは皆、右ひじが曲がった状態でインパクトをしています。

 

手ではなく、体を使ったスイングをすると上手く打つためにはそうならざるを得なくなります。

 

 

ダウンスイングで右肩が下がるというのは、悪い意味にとらえがちですが、上の画像のように左ひじは伸びて右ひじが曲がった状態は右肩のほうが低くないと作ることができません。

 

アウトサイドインのスイング軌道の人、左へのヒッカケがよく出る人はダウンスイングで右肩が高い位置を通り過ぎている可能性が高いです。

 

ダウンスイングで頭が右へ動くと体が右へ倒れて右肩が下がりすぎている状態になります。

 

そんな人は戒めとして右肩を下げるな、となります。

 

ということで、よくいう右肩を下げるなという教えはダウンスイングで体を右に倒すな、あるいは、フォローで右に体重を残すなという教えと理解しておくといいのではないかと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。