凍ったバンカー

そろそろ冬に突入の気配です。

 

冬の寒い日は地面が凍ってしまいます。バンカーも凍ってしまう事も多くなるでしょう。

 

凍ったガードバンカーに入ったらヘッドが深く砂の中に入れなくなるため、ボールを高く上げる事が困難になります。

 

冬のゴルフでの大叩きにつながるケースの一つがガードバンカーに入ってしまう事です。

 

砂が乾いている場合は深いところが凍り、湿っている時には舗装道路並みに固くなる事もあります。

 

冬のゴルフの基本は球を転がして攻めること、なのでバンカーの横を転がして攻めていけるルートを通って攻められれば計算の立つプレーが出来ます。

 

冬場の地面が凍っている時のガードバンカーは徹底的に逃げ回る事も重要な戦術だと言えると思います。