バンカーショットで重要なスキル

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ どーもー♪

 

アマチュアのビギナー~アベレージクラスの中にはバンカーショットが苦手と言う方は数多くいると思います。バンカーからなかなか脱出出来ないとか出たと思ったらホームランしてグリーンオーバーするなどして大叩きになってしまいます。

 

上級者のバンカーショットの悩みは、「距離感が少し狂う。」とか「距離のあるバンカーショットでピンまで突っ込めない。」など、脱出することは当たり前の前提で悩んでいます。

 

この違いはどこにあるのでしょうか?

 

昔からの伝統的なバンカーショットの練習法でバンカーの砂にターゲットラインと直角な線を数メートル引いて、線の端から端まで目標方向にクラブを振りながら砂に引いた線にヘッドを着地させて次々と線を叩くという練習法があります。

 

この練習をしたときにプロなら、線上に着地して同じ長さ深さの砂の跡が残ります。シングルさんだとだいたい線上に着地できるのですが砂の跡の深さ長さが不均一になったりします。バンカーからまあまあ打てて脱出は出来るという人だと着地はバラバラだけどほとんどの砂の跡の真ん中が線よりは自分から見て左になります。バンカーから脱出できない人は線より右に着地して砂の跡の真ん中が線より右になっている上で着地もバラバラでしょう。シャンクして脱出できない人は例外です。このように、ボールよりも右側の砂の方が多く取れる人と、着地地点がバラバラな人にとってはバンカーショットはとても難しいものになってしまいます。

 

お札の人物が自分から見て右に来るようにしてバンカーの砂の上に置くとします。人物の部分にボールがあるとしたらお札の輪郭部分の砂が取れるぐらいが良い入り方です(実際にはお札の横幅より長い範囲の砂を飛ばすでしょう)。

 

ということで、バンカーが苦手な人はボールよりもかなり右の砂を叩いてしまうはずですので、上記の練習をするなどして、ボールより左の砂を多く取れるように工夫してみてください。

 

もしこれが出来るならばバンカーからの脱出はとても簡単な事になるでしょう。

 

ゴルフ ( ・・)_/ゞ ~゜ (「゚ー゚) オッ! 出た!!