逆目のラフ

逆目のラフは、グリーン周りからアプローチショットを行ううえで最も難易度の高いものかもしれません。

 

実際にプロのトーナメントでも、アプローチでの大きなミスは逆目の状況で発生するケースが多いと感じます。

 

逆目の難しいところは、インパクトでクラブヘッドのスピードが減速されてしまうことだと思います。フェアウェーや、花道からのアプローチでは、芝の抵抗はほとんどなく、ラフでも順目の場合は、逆目ほどの芝の抵抗は受けません。

 

逆目の場合は、芝の抵抗を考えてスピードを上げる事が必要ですが、その加減が難しく上級者でも苦労するところなのだと思います。

 

逆目で芝の長い状態など厳しい状況になったら、抜けの良いクラブ、重くてロフトのあるサンドウェッジが有効になります。

 

難しい状況なので、ピッタリ寄らなくてもしょうがないと割り切った方が、過度のプレッシャーが掛からずに上手くいくかもしれません。