アプローチはトップを打つのが正解?

インパクトでフェースの下寄りに当たると打球は低い弾道になり、上寄りに当たると高い弾道になります。

板の上にあるボールのようにボールが浮いてない状態で当たるとロフトが大きな番手ほどフェースの下の方に当たります、ウェッジではトップにしかならない状況です。

芝生の上からでも芝生に当たらないようにボールだけ打つとトップ気味のショットになります。

いいかえると、ウェッジはフェースの真ん中の下の方で打つようにするときれいにボールを打つことができます。特に冬場のフェアウェイではそれが必要です。

芯で打つためにはかなり地面の中まで打ち込んでいく必要があるのでダフリに近い結果になってしまいます。

ということで、ウェッジはトップ気味に打つべきクラブで、その使い方が上手くなるとグリーン周りのスキルが上がります。グリーン周りのアプローチではトップ気味に打つことを心がけてみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。