球が上がりやすいクラブは低い弾道にする打ち方が適しています

現在のフェアウェイウッドは球が上がりやすく、スライスしにくくスイートエリアが広くなりとてもやさしくなっています。これは重心の位置が低く、深くなっているためにそうなっています。

このようなクラブは実は低い球を打つような打ち方が適しています。球が上がらなくて困っている人は必然的に低い球を打つような打ち方になっているわけでそのようなスイングの人に適しています。

逆に球が上がりにくいクラブは高い球になる打ち方に適していて結果的にちゃんとクラブを選べば多くの人がフェアウェイウッドを使いこなせるといえるかもしれません。

その代わりすごく高い球で飛距離を出すことは難しくなっています。これは、重心を低く深くするためにはソールの形状をできるだけ地面との接地面が広くなるような形状にする必要があり、

フェースを上に向けて当てようとするとソールのフェースから一番遠い部分が接地するためにトップするかフェースが返ってひっかけてしまうことになるためです。これはティショットであればティーを高くするなどの対策が取れますが、2打目以降では高い球を打ちにいかないことが対策になるでしょう。

と問題点がなくもないフェアウェイウッドですが、球が上がりにくい人は上がりやすいクラブ、上がり過ぎる人は低スピンになるクラブを選ぶことで適正な弾道のショットが打てるようになりますので自分の打ち方をよく理解して自分に合ったフェアウェイウッドを探してみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします