初心者でもロブショットの習得は必要です

初心者でも早い段階からただ普通に打つだけでなく意図的に弾道を変えてコースを攻めた方が良いスコアにつなげることができるようになります。

グリーン周りでウェッジではなくパターや9番アイアンで低く打って転がしたり、ガードバンカーから高い球を打ってアゴを越えて脱出するなどは早い段階で練習しておくといいと思います。

パターでのアプローチの場合は実戦で実際に経験してスキルアップしていけばいいでしょう。アプローチはウェッジで基本を練習して、クラブを変えて同じ目標を狙うなどするといいでしょう。

慣れてきたらこのクラブでアプローチをしたらどんな弾道になるかわかってくるので今度は先にその目標に寄って行く弾道をイメージしてその通りに寄せられるようになることを目指しましょう。コースで実際に寄せるためにはただ打つだけでなくこれが必要になります。

バンカーショットはマットの上でロブショットを練習しておけばいいでしょう。バンカーから同じように打てばバンカーショットになります。

いくつかの種類のショットを練習すると技術的な勉強にもなりますのでぜひ挑戦してみてください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。