冬場はランニングアプローチでスコアメイク

寒くなりました。

日本での冬場のゴルフはとにかくランニングアプローチを主体にプレーするといいと思います。

 

ボールとグリーンエッジが近くピンまでが遠い上りのアプローチは
“迷わず”ランニングアプローチを選択しましょう。

 
□普段ランニングアプローチをしないという人も冬場にぜひ挑戦してみましょう
 
□ランニングアプローチの方法は転がるクラブを選択するだけでOK
 
□ウェッジよりもロフトが立っていれば勝手に転がる打球に
 
□初めはエッジが近い上りの状況でトライ

 
普段よりロフトが立ったクラブで打つと目標よりオーバーしやすいので、ショートしやすい上りのアプローチで筆おろしをするのがいいと思います。

 
他にランニングアプローチが効果的な状況は、


砲台でエッジからピンが近い

 

ボールとピンの高低差が少ない

といった状況です。

 

そして、下の画像のようなボールが浮いていないライからは

ロフトが立っているほど打ちやすいので、上げた方が寄りそうな状況でも転がしで寄せに行くことをお勧めします。

 

最初の何度かは距離が合わないことが多くなりますが、続けていくうちに地面の状況把握もできるようになり、転がすクラブの距離感も出てきます。

 
ひと冬犠牲にするくらいのつもりでランニングアプローチマスターになってください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします