スイングチェック

鏡などを利用して、自分のスイングをチェックされている方もいると思います。

 

今日はトップまでの形を覚える事を目指している方へのアドバイスです。

 

巷では、トップの形をオンプレーン、パラレル、シャフトクロス、レイドオフなどと分類されていると思いますが、その形に大きく関係してくるのが、両肘の高さです。

 

両肘の高さを鏡で見比べてみた時に、右肘が大きく高い方は、(フライングエルボー、シャフトクロス)と呼ばれる方です。

 

同じく、鏡で見比べた場合、左肘が大きく高い方は、(シャフトが寝る、レイドオフ)と呼ばれる方です。

 

両肘の高さが、大きく変わらない方は、オンプレーン付近のトップかと思います。

 

スイングを綺麗にしたいという方は、ご自分の真逆の動きを考えて、シャドースイングを行えば、見た目には綺麗なフォームに改善されると思います。

 

しかし、クセを修正するのは、大変な事ですし、見た目がキレイになっても、ゴルフが上手くなるとは限りませんので、大きく調子が狂ってきた時のチェックポイントの1つとして考えて頂ければと思います。