初心者は飛距離を出すのを少し我慢

ショットの飛距離を出すにはスイートスポットでボールをヒットし且つヘッドスピードが速く、ヘッドの軌道と直角にフェースが向いている必要があります。

初心者はまずフェースに確実にヒットすることを目標にするべきでしょう。思い切り振ってより遠くへ飛ばしたくなる方が多いと思いますが、ここはそれをぐっと堪えて順序良くステップアップしていくことが結果的に近道となります。

振り幅の小さなスイングで確実にフェースでとらえることから始まり同様のインパクトを徐々に振り幅を大きくしていくというプロセスを通過するとスイングの仕組みや全体像がつかめてきます。

フルスイングで当たるようになってから徐々にヘッドスピードを速くしていくと飛距離が出せるようになっていきます。

当て感という言葉があります。ボクサーが相手の急所にパンチを当てる、野球のバッティングでバットにボールを当てる、サッカーで足にボールを当てるなどの感覚のことです。

ゴルフの当て感も、まずは小さな振り幅、ゆっくりとしたスピードでボールにフェースを当てることを繰り返すことで当て感が出来てきます。当て感が備わったらヘッドスピードを速くしてもボールを上手くとらえることができます。

 

そのようなタイミングで飛距離アップに取り組み始めるのが良いタイミングだと思います。スコアでいうと100を切れるくらいになってからくらいでしょうか?

それまでは方向性を重視した取り組みを続けていって欲しいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。