初心者はまず肩甲骨の動きを滑らかにしたスイングづくりを

ゴルフを始めるにあたってしばらくの間どんなスイングをしたかはその後のゴルフライフを大きく左右するといってもいいと思います。

良くないスイングを表現する代表的で抽象的な言葉として「手打ち」があります。

 

手が離れることが多い人は手打ちの可能性が高いです

 

最近のネット上に上がるアマチュアスポーツ動画の評論家の方達は野球やテニス、ゴルフなどのアマチュアのフォームを見て手投げだ、手打ちだと批評をしています。

読み手としても、ふうんそうなんだと納得している人も多いかもしれませんし、その評価も間違いではないでしょう。

手打ちを定義するとしたら肩甲骨の動きを伴わない腕の動きでスイングする事といえます。これは結果的にアドレスのときにできる両肩を結んだ線と両腕とでできる三角形をトップでも崩さないくらいの意識でスイングするとできるスイングです。結果的にトップでは右肘が曲がりますが女子プロのスイングをよく観察して真似てみるといいでしょう。スイングのヘッドが描く半径を最大限に長くする意識でも同様なスイングができると思います。あくまでも一番崩れやすい右肘を曲げない努力をすることで肩甲骨が動くスイングを習得できるということで闇雲に力ずくで右ひじを伸ばすということではありませんが初めはそのくらいの気持ちで取り組んでもいいと思います。

肩甲骨がよく稼働することは色々なメリットがありますから肩甲骨が良く動くエクササイズやスイングづくりに取り組んでみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。