初心者のバンカーショットに対しての取り組み方

ゴルフ場によりますが、付帯施設としてアプローチ練習場やバンカー練習場があるコースもあります。初心者の方も積極的にこのような施設を利用して欲しいと思います。

グリーン周りのバンカーからのショットを特に活用してみてください。近所の練習場にそうした施設がある場合は別なのですが、都心部にお住まいの方にとっては近くにバンカーショットの練習ができる施設がなかなかないので、ゴルフ場で意識的に練習するのがいいと思います。

おススメはラウンド終了後か、朝の練習場の打球練習前がいいでしょう。バンカーショットは通常のスイングやクラブの扱い方が違うので、スイングが出来上がっていない初心者がプレーの直前に多く練習するとそのスイングがインプットされてしまい通常のプレーに悪影響が出やすくなるからです。

また、練習場のマットの上からだとコースよりも難度が高かったりもするので、第一歩は芝の上にふわっと浮かせた状態のボールを高く打ち出すことができるように練習しましょう。バンカー内から打つ場合は砂で高さ2cmほどの小さな山を作ってボールを乗せ山だけ飛ばすような練習がいいと思います。ここでありがちなのが高く打ち出すためにスイング軌道がボールの下から上に向かうアッパー軌道にしてしまう人が多いので横から払うくらいのつもりで取り組んでみてください。

初心者の方はまだバンカーショットを集中的に練習する必要はないと思います。ですがやらないわけにもいかないのでゴルフ場のバンカーやアプローチ練習場を見つけたら必ず少しだけ練習するというような習慣をつけていくくらいでいいのではないでしょうか?

そしてラウンド中はバンカーに入れない工夫を十分にして自分なりのバンカーの避け方を編み出すような工夫をしてプレーするのがいいと思います。

ということで、初心者の方は地道に少しずつバンカーショットのための練習をしていくようにして欲しいと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。