初心者はアプローチの距離を打ち分ける様子を撮影してみよう

初心者のアプローチの距離の打ち分け方ですが、練習場でまずは5ヤードキャリーさせるところから10ヤード刻みくらいで距離を打ち分けていくところをスマホで撮影してみてください。多いのはすぐ近くに落とすだけでいいのにとても大きなバックスイングをしてしまう人です。

 

 

クラブが動き出すと慣性力という力も同時に発生するので、その分思ったより大きくバックスイングが上がってしまいます。ダウンスイング以降はクラブがスムースに加速することが必要ですから、距離が近いときは小さめのトップからある程度しっかりクラブを振ってボールを打つように気を付けてください。

ゴルフのスイングでは動作やクラブの動き方が。急発進、急加速、減速は大きなミスにつながります。

何度か撮影しながら大きすぎるバックスイングにならないように気を付けて打ちたい距離に対しての適切なバックスイングの大きさになるよう繰り返し練習してみてください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。