初心者はラウンドではセカンドショット以降をティアップしてプレーするくらいでもいいのでは?

初心者のラウンドではセカンドショット以降グリーンまで6インチ~1クラブプレースや場合によってはティアップをするなどして良いライからプレーするようにするといいと思います。

ライに対応するというにはスイングの再現性が低い中でのラウンドですから、失敗してもミスが小さくなるボールが浮いた状態でボールを打っていくことでナイスショットが打てたときの爽快感などを少しでも多く感じられるプレーをした方が楽しくプレー出来て、楽しいから頑張るという好循環になると思います。そのうえでスコアをつけていけばいいと思います。

 

林深くに入ったらこの辺に持ってきたり

 

そんなに甘やかしては良くないのでは?という考え方もありますが、生涯で最もミスショットが多く大きい時期ですからライを良くするくらいではなかなかナイスショットは打てません。ミスが少しでも小さく本人がスムースに前に進めれば同伴者も自分のプレーに集中できます。一緒に回る初心者がとんでもないミスを連発すると同伴の先輩ゴルファーも自分のプレーどころではなくなります。

ゴルフでは前に打ったショットを反省してさっきダフったから気を付けて打つとトップしたり、さっきミスしたからまたミスするんじゃないか?と疑心暗鬼になるなど、すでに打ったショットに左右されるといった側面があります。そうなるとスイングの動きが縮こまってまたミスをしてと悪循環に陥りやすいゲーム性があります。ライの良いところから気持ちよく自分のスイングをしてのびのびとプレーする経験もできます。

ミスをするということは後に大変良い学習ができます。だからといってミスを連発し過ぎるのも考え物です。初心者のラウンドは十分に練習をして、気持ちよくラウンドできるように周りがサポートするという形が本人にも同伴者にも、同じコースでプレーする他のプレーヤーにとってもいいことだと思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。