初心者が確実にボールにフェースを当てるためには?

ゴルフを始めたばかりの初心者がクリアしていかななければいけない関門とは?

ボールに当てる
 ↓ 
おおよそ狙った方向にボールを飛ばせる
 ↓
そこそこの飛距離を出してボールを前へ進める

最初の関門「ボールに当てる」のキモはクラブのソール(地面に当たる部分)が地面に沿って動くかどうかです。
ゴルフのティーショットを除くほとんどのショットは地面の上のボールを打つことになります。ということはソールが地面に沿って動くけばボールに当たりやすいということがいえます。

ところが、ボールに確実に当てるために地面の上のボール一点をめがけて高い位置から急角度に当てようとしたり、そうするとボールが高く飛ばないのですくい上げるようにボールを打ちたくなる人が多いです。

上から叩きつけるようにして打ってダフったらヘッドは地面に突き刺さってボールがほとんど前に進みませんし、下から上にすくい上げようとしたら当たる前に一旦地面の中にヘッドがもぐらなければいけないのでボールには当たりません。

ボールを打つということはヘッドがなだらかに上から下りてきて地面に軽く接触している間のどこかにボールがありまたなだらかに地面から離れていく軌道でスイングすることです。

 

 

このために、練習場のアイアンマットなどを連続でひたすらシャッ、シャッとマットの表面を擦り続けるような練習が効果的です。地面と手の距離、地面と目の距離、良い動かし方が練習できます。長い距離を擦れるほど良いですが、長くしようとし過ぎると無理なスイングになってしまいます。スマホの長さぐらい擦れたら良いでしょう。

このように、ボールを上手く打つためには地面の思ったところを擦れるようにすることが近道だと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を随時募集しています。

【体験レッスンご予約】お問合せフォームから
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。